About Us
English
再生可能エネルギー
2017年3月末の状況

(2017/8/11更新)


草津の湯釜
キキョウ
横浜山下公園バラ展と氷川丸
初夏の浜松フラワーパーク
会員専用HP 
2017/6  改訂
2017.8.24 JO


関連サイト

日本ユニテック株式会社
(株)光と風の研究所
三井物産環境基金
新しい東北・官民ネット
今泉正会員のつぶやき
創エネ・省エネ研究会
健康・環境研究協議会




最新情報 (2017-8-24更新)
ご注意 !!太陽光発電等の投資勧誘の注意 (2016-6-09)
最近当協会と類似した団体名”再生可能エネルギー推進協会”で、太陽光発電等の投資勧誘電話が発信されているようです。当協会は”NPO法人再生可能エネルギー推進協会”であり、そのような投資・勧誘等の活動・事業は一切しておりませんのでご注意願います。
お知らせ環境-エネルギーフォーラム2017 in福島(2017-8-24)
7月4日に福島市「コラッセふくしま」にて、(公社)腐食防食学会が主催する環境-エネルギーフォーラム2017 in福島・・・地球温暖化防止に向けた 廃棄物・バイオマス発電の価値認識と高効率化の促進-ふくしまは今-の講演会が開催されました。本ページ7月17日活動報告を参照ください。この内容は公共投資ジャーナル社「環境施設」9月号に小特集として掲載される予定です。右バナー「環境施設」をご覧ください。
お知らせ資源エネルギー庁再エネの導入量のデータ更新(2017-8-17)
本HP左上に再生可能エネルギーのコーナを設け、データの更新時に改正しております。
http://www.repa-npo.com/index0-1.html
導入設備容量は堅調に増加、主体は太陽光発電設備。他の風力、水力、バイオマスも数値上は増加、割合は太陽光発電設備が大きい発電電力量はバイオマスが堅調に増加、水力もわずかながら増加傾向、風力、太陽光は季節変動を受けながら増加しているなどが特徴です。詳細は同URLをご覧ください。
お知らせREPA事務局会議(2017-8-17)
REPA事務局会議を10月3日18時30分より千代田区図書館で行われます。関係者はご参集下さい。
活動報告インドネシアプロジェクト近況(2017-8-17)
ジャワ本島タンギスジャワ(バンドン市の近く)のコーヒ農園プロジェクトは、コーヒプロセスサンタ―の建設が完成し地元村長、組合長、ダルマプレサダ大学(DPU)学長並びに関係者、報道陣などが参列し開所式が盛大に行われました(7月13日)。
コーヒープロセスセンター開所式
DPU 学長立会いの下での引き渡し式
電力は小水力、燃料はバイオマスですべて再生可能エネルギー利用
一番最初に製造されたコーヒー豆で出来たコーヒーを味わう関係者!
活動報告REPA事務局会議(2017-8-17)
REPA事務局会議は8月2日18時30分より千代田区図書館で行われました。国内某メーカからのソーラ街灯のDPUへの寄贈も話題になりました。詳細は議事録を参照ください。
活動報告インドネシアプロジェクト近況(2017-7-25)
ジャワ本島タンギスジャワのコーヒ農園では、コーヒ豆加工工場の建設がほぼ完成しました。コーヒ豆の木も順調に育っています。
お知らせ越前大野感性はがき展 (2017-7-19)
当協会は福井県大野市(天空の城でも有名)が取り組んでいます、水への恩返しプロジェクトCWPの、「越前大野感性はがき展」に賛同しています。右のバナーをクリックしてください。締め切りは9月30日までです。
当協会の広報周知活動協力団体としての紹介は以下をご覧ください。
http://kanseihagaki.server-shared.com/10th_special_link_japan.html
活動報告環境-エネルギーフォーラム2017 in福島での霊山PJ活動状況紹介(2017-7-7)
7月4日に福島市「コラッセふくしま」にて、(公社)腐食防食学会が主催する環境-エネルギーフォーラム2017 in福島・・・地球温暖化防止に向けた 廃棄物・バイオマス発電の価値認識と高効率化の促進-ふくしまは今-の講演会が開催されました。当協会の佐藤茂夫理事の基調講演「バイオガスの草の根的普及を目指すー手造りメタン発酵装置とその利用事例―」で、霊山でのメタン発酵の仕組み、運転データ等を紹介しました。
その後、飯舘村菅野典雄村長から「「成長社会」から「成熟社会」」と題して、飯舘村での復興へ向けての取り組みが紹介されました。
パネルディスカッションでは、尾園次郎代表理事がNPOとして霊山での活動状況を紹介しました。

翌日の5日は飯舘村の現状、並びに蕨平地区仮設焼却(減容化)施設の施設見学が行われました。施設の運用状況については、http://shiteihaiki.env.go.jp/initiatives_fukushima/waste_disposal/iitate/processing_warabidaira.htmlで情報公開がなされております。
活動報告雑誌「財界」にインドネシアプロジェクトの活動が紹介されました。 (2017-6-20)
「財界」6/20号p.86-89に南山会と当協会が支援しているインドネシアのプロジェクト活動が紹介されました。タイトルは“ロンボク島漁村の海藻食品加工から西ジャワ高原のコーヒー農園まで-日本の知恵で産業育成、インドネシア民間プロジェクト”です。
財界目次 【◆霞が関情報】:http://www.zaikai.jp/2017.06.20_idx.html
当協会の下記URLもご参照下さい。
海藻加工PJ: http://www.repa-npo.com/index0-1045064.htmll
コーヒー農園PJ: http://www.repa-npo.com/index0-1045066.html
活動報告インドネシアプロジェクト近況(2017-6-20)
ロンボク島セリウェ漁村の海藻加工工場では採れた海藻を乾燥させる台を、網から竹敷板に変更し生産性・品質を向上させるようにしました。また工場で太陽光・風力を電源とした浄水器で製造される飲料水が地元民に提供出来るようになりました。工場は着々と地域に根差したものとなってきました。
リニューアルされた海藻乾燥台
フル稼働の浄水器
飲料水の地元民への提供
ジャワ本島タンギスジャヤワのコーヒ農園では、コーヒ豆加工工場の建設が開始されました。コーヒ豆の木も植え付けられ順調に育っています。
お知らせ8月度REPA事務局会議(2017-06-20)
8月2日(水)18:30より千代田図書館第1研修室にてREPA事務局会議を開催いたします。
関係者はご参集下さい。 
活動報告REPA第12回定時総会及び講演会(2017-06-09)
6月3日(土)13時から千代田区一番町区民集会室にてNPO法人再生可能エネルギー推進協会第12回定時総会が開催され、第1号議案:平成28年度事業報告、第2号議案: 平成28年度決算報告、第3号議案:理事改正の審議がなされ満場一致で承認されました。また報告事項として平成29年度事業計画、平成29年度活動予算の説明が行われ総会は滞りなく無事終了しました。
引き続き、平成29年度第2回理事会が開催され、代表理事として尾園理事が選任され、副代表理事として奥村理事が選任されました。
議案及び総会議事録は会員ホームページに記載されます。
総会・講演会入口
尾園代表理事
挨拶:活動報告
小野監事
会計監査報告
講演会
総会に引き続き14時からの講演会では下記4講演がなされ、活発な質疑がなされました。
講演1 多田千佳様   東北大学大学院農学研究科 准教授 
     「2020東京オリンピック・パラリンピックの聖火をバイオメタンで燃やそう!」
講演2 今泉亮平様  日本ユニテック株式会社 代表取締役社長
     「ドイツの環境・エネルギー最新事情」
講演3 堀内道夫様  光と風の研究所 代表取締役事
     「本格的実用化となったスターリングエンジン」
講演4 雨宮隆様   日本工業大学 ものづくり環境学科 教授
     「環境リサイクル技術の動向」
多田千佳 様
今泉亮平 様 
堀内道夫 様
雨宮隆 様 
講演概要及び資料については、会員ホームページに記載されます。

懇親会
講演会終了後近くのレストランKaiji(イタリアンレス
トラン)にて、講演会講師の方も交えて懇親会が開
催され、会員相互の近況報告、情報交換がなさ
れました。

過去のREPA情報は”バックナンバー”を参照下さい